担当業務:サーボ製品の検査

基板・サーボ製品検査

当社オリジナル製品の主力商品である、サーボドライバの検査を行っています。全製品について、検査用の機械に取り付け、動作指示を出し、全ての検査項目の動作を検査します。たくさんの検査項目を検査し終えた製品には、責任者として自分の名前の書かれた「検査合格書」を同梱します。

社員

黄色いカバーのかわいいヤツ「Cuty」「Si」

当社オリジナルサーボドライバ「Cuty」「Si」の基板、および製品検査を行っています。大きさも手のひらの半分ほどの小さなサイズからあり、黄色いカバーが付いたかわいい製品です。
品質の安定した製品でほぼ問題は出ませんが、出荷前の最後の工程ですので、不良を出さないようにしっかりチェックする必要があります。

プロジェクトの流れ

当社オリジナルのサーボドライバ「Cuty」「Si」の製品検査の流れとして、まず全ての基板を検査します。検査した基板は、製造グループに運ばれ、基板とカバーとヒートシンクを併せて組み立てられ、製品となります。その製品はまたサーボ工場に運ばれ、全ての製品について検査します。
私は基板検査(通電検査)時に必要となる、動作するためのソフト(OSのようなもの)の作成も行っています。組み立てられた後の製品は、動作指示をソフトに書き込み、検査用のモータを取り付け、スイッチで操作できる試験機で実際にドライバに指令を送り、正しく挙動するかを確認します。
試験機は5つあり、一気に製品を取り付け、一気に検査を行っています。一つの製品についても20項目ほどの試験項目があり、検査に時間がかかるため、一日に検査できる数は20台ほどです。

1日の仕事の流れ

出社後、掃除(10分ほど)と朝礼をします。お客さまからヒアリングした仕様や数量、納期等が落とし込まれた「製造指図書」が営業担当から送られてきます。それを確認し、納期までに終了させる必要があるので、そのための工程を立て、一週間の予定を前の週のうちに決定し、それを元に仕事をします。製品がたくさんあるので検査もたくさんあります。午後には昼礼を行い、午前中に何か問題がなかったかや、工程の進捗を確認し、その後に何をやるかを確認します。午後も検査を行い、終礼をし、掃除をして終わります。

仕事のやりがい・面白み

先輩から検査内容を習得するのですが、先輩がたくさんいて、また先輩によって扱う製品(主幹担当)が違うため、習うことが多いです。多くの種類のドライバがあり、全く違うものもあれば、似たようなものもあります。同じような検査項目があると、どこが違うのかが明確にわかり、それだけ多くの知識を得ることができるのがやりがいで、面白いなと思います。

社員

心掛けていること

「段取り八分」と言われますが、初めの内は段取りがしっかりできておらず「あ、これを忘れた!」ということもありました。何を準備すればよいかをまとめた手順書をつくり、効率よく仕事を進められるように努力しています。

入社を決めた理由

基板が好きなんです。高校も工業高校、大学も電気電子系、趣味も自作パソコンという位ですから、基板をつくる仕事がしたかったんです。
世の中には、基板に載せる部品がたくさんあり、部品それぞれに特徴があり、機能が違うんです。それを調べるのが楽しいんです。大学は金沢だったのですが、同じ中部地方の中で、電気を扱う会社で何か有名なものがあるところを探していて、当社の全自動イカ釣り機に出会いました。このイカ釣り機が使われる環境はとても過酷な海の上です。私は基板には詳しいのでよく分かるのですが、基板は水、まして海水にはとても弱いものです。そんな過酷な環境で使われるものに基板が入っていて動作していることに技術力を感じ、当社に入社を決めました。

当社の良いところ

入社後1年間、一通りの研修を受けられたのは、今仕事をするに当たって大きなものになっていると思います。先輩と顔見知りになったり、製造や設計の知識を学べる有意義なものでした。
研修を経た後、社長に希望を伝えられる面談があるのですが、私は、周囲の先輩方の薦めもあり、この検査チームに入りたいと希望しました。私はもともと設計希望だったのですが、先輩から、「設計で図面は書けても、実物をよく知らないと、干渉したりなど、どうしても見落としが発生しやすくなる。検査チームなら、製品の問題点や改善点を発見でき、後々、設計に生かせる」と勧められ、検査チームを希望しました。
親身になって様々なアドバイスをくださる先輩がたくさんいらっしゃるのもこの会社の良いところです。

社員
社員

就活生へのアドバイス

私は面接のとき、すごく緊張してしまい、自分の思いを素直に話せなかったのですが、「失敗したことはありますか?」という質問で初めて自分のことを語れて、相手に自分の思いが伝わったと感じました。「自分は何がやりたいか」「何が得意なのか」、そして一番大事なのは、素直に自分の思いを伝えることだと思います。

三明電子産業で作りたい未来

基板に目的の動作をさせ、尚且つお客様が満足できる機能までプラスしたい!
												   そのために…
●基板の設計職を目指し、どのような設計をすればお客様が使いやすいかを、検査を通して学んでいます。
●動作不良製品の問題箇所の切り分けを製品の修理を通して学んでいます。